「第4回電子デバイスフォーラム京都」開催のご案内

 

 「電子デバイスフォーラム京都」は2014年10月30日、31日にNEDIAとして初めて京都で開催し、第2回、第3回と継続して開催して参りました。引き続き、2017年度も「第4回電子デバイスフォーラム京都」を開催させていただくことになりました。

 今回は、注目テーマに昨今の半導体復活基調を反映し「メモリー新時代到来」のコースを設け、特別セッションとしてパッケージング、有機ELも取り上げています。また、マーケティングセッションも設け、IoT産業、半導体産業・装置産業及びディスプレイ産業の第一線のアナリストの講演も行います。

 
 過去3回を上回る魅力的なプログラムを準備し、皆様方のご参加を心よりお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

 なお、詳細及びお申込みは、上記ボタン(申込特設サイト: https://www.nedia.or.jp/ddf2017/ )及び(参加申込み:https://www.nedia.or.jp/ddf2017_entry/)をご覧ください。

※PDF版「第4回 電子デバイスフォーラム京都」概要(20170731)>>

開催概要

開催日時

日時:2017年11月1日(水)10:00~2日(木)18:00

■開催場所:京都リサーチパーク (KRP)

東地区1号館: 〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134

西地区4号館: 〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93

*アクセス http://www.krp.co.jp/access/

会場:東地区1号館4階:サイエンスホール、

  AV会議室、中会議室、小会議室、ホワイエ

KLSTIC 2階:イノベーションルーム、

KLSTIC 1階:アトリウム

西地区4号館B1F:バズホール

【プログラム】(テーマ名等は今後変更の可能性があります) <2017.08.16版>

[ウエルカム]:11月1日(水)9:30-10:00 バンケットホール

基調講演の前にコーヒーを準備しておりますので、早めにご来場下さい。

[挨拶・基調講演]:11月1日(水)10:00-12:25 バズホール

ご挨拶:山田京都府知事(予定)、

 門川京都市長(予定)

基調講演:京都でご活躍の企業、

半導体で元気のある企業及び大学関連の講師

      □「IoT社会の可能性を切り拓くイメージセンサ―の展望と課題」

・清水照士氏 (ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)代表取締役社長)

□「今日のデータセンターの現状と課題(仮題)」

・白川   功氏  (NPO法人 日本データセンター協会 理事長)

□「オムロン企業理念と新中期経営計画 VG(Value Generation)2.0」

・日戸興史氏 (オムロン㈱取締役 執行役員 専務 CFO兼グローバル戦略本部長)

□「半導体100兆円の時代がやってきた!!

~フラッシュメモリー、各種センサー製造装置で示す日本企業の存在感」

・泉谷   渉氏  ( (㈱産業タイムズ社 代表取締役社長)

[マーティングセッション]:11月2日(木)9:30-11:55 サイエンスホール

電子デバイスの注目分野の著名な アナリストによる最新動向の説明

特別講演 :

「IoT産業の最前線の最新動向(仮題)」

・南川   明  (IHS グローバル㈱ 調査部ディレクター)

「半導体産業と製造装置産業の最新動向(仮題)」

・和田木哲也 (野村證券㈱ エクイティ・リサーチ部 マネージング・ディレクター)

「更に揺れるFPD業界、LCD/OLED新技術?、

業界再編の鍵を握るのは?」

・中根康夫 (みずほ証券㈱エクイティ調査部 グローバル・ヘッド・オブ・テクノロジー・リサーチシニアアナリスト))

[Aコース:次世代自動車](11月1日午後、2日午後①、2日午後②)

 「自動運転」、「電動車」、「車載キーデバイス」

[Bコース:次世代IoTデバイス] (11月1日午後、2日午後①、2日午後②)

「応用」、「デバイス」、「次世代技術」

[Cコース:メモリー新時代到来] (11月1日午後、2日午後①、2日午後②)

「材料・装置」、「デバイス応用①」「デバイス応用②」

[Dコース:特別セッション(産学連携&パッケージ)]

 大学セッション及びパッケージングの最新動向

[Eコース:特別セッション(有機EL & アナログパワー)] 

(11月1日午後、2日午後①、2日午後②)

 「アナログ(パワー)回路入門」、「有機EL①」、「有機EL②」

【展示会及びポスター展示】 (11月1日13:00-17:50、11月2日9:30-17:50)

 ホワイエ及び中会議室Aでの展示会を22 ~23ブースで行います。
また中会議室Aでは小規模のポスター展示会も予定しています。
(無料でご覧いただけます)

※展示会への出展募集のご案内は、下記ページ参照ください。(現在出展企業・大学は、未登録)

 

 

【レセプション】:(11月1日(水)17:00-18:30にアトリウム)

フォーラム有料参加者及び展示会出展の登録者は 無料で参加いただけます。

(アトラクションとして舞妓の舞を行う予定です)

レセプションのみのご参加の場合は事務局に連絡をお願いします。(参加費:5,000円)

【参加費】(単位:円) ※( ):早割価格(9月30日まで)

 一般 NEDIA会員/ 大学教職員  学生 
1セッション  16,000円(14,000円)  13,000円(11,000円)  2,000円(2,000円)
1Dayパス 11月1日
(2セッション)
 24,000円(21,000円)  18,000円(16,000円)  3,000円(3,000円)
1Dayパス 11月2日
(3セッション)
 31,000円(27,000円)  23,000円(20,000円)  4,000円(4,000円)
2Dayパス
(5セッション)
 43,000円(38,000円)  31,000円(28,000円)  5,000円(5,000円)

 

申込先 参加のお申し込みは、

申込特設サイト:https://www.nedia.or.jp/ddf2017_entry/  からお願いします。

特設サイトは、本NEDIA-HPのTopページ:http://www.nedia.or.jp から入ることもできます。

※なお、宿泊の場合、秋の京都は大変込み合いますので、お早目のお手配をお勧めします。

【連絡先】

一般社団法人日本電子デバイス産業協会 事務局

TEL:03 -5823-4465、FAX:03 -5823-4475
E-mail :ddf.info@nedia.or.jp  ( 「第4回電子フォーラム京都」専用のメールアドレス )

推進体制

【開催者

口主催: 一般社団法人日本電子デバイス産業協会  (NEDIA )
口特別協力:電了デバイス産業新聞 (株式会社 産業タイムズ社)
口後援:経済産業省近畿経済産業局、京都府 、京部市、SEMIジャパン

口協賛: IEEE 関西支部(予定)、京都地域スーパークラスタープログラム(予定)

 

【推進組織】

  詳細は、こちらをご覧ください。

第4回電子デバイスフォーラム京都委員会構成(20170630)>> (PDF)

 ■組織委員会

委員長:齋藤昇三(NEDIA代表理事・会長)
副委員長:澤村 輸 (ローム(株)代表取締役社長)
副委員長:須原忠浩((株)SCREENセミコンダクターソリューションズ代表取締役社長執行役員)
副委員長:堀場 厚 ((株)堀場製作所代表取締役会長兼社長)

副委員長:村田恒夫 ((株)村田製作所代表取締役社長)

副委員長:泉谷渉(NEDIA理事・副会長、(株)産業タイムズ社 代表取締役社長)

■実行委員会

委員長:高田 明(㈱メガチップス代表取締役社長)

■プログラム委員会

委員長:中村 孝(NEDIA理事、ローム㈱ 主席研究員)

 

——————————————————————————

[関連記事]

2017.8.1 NEDIA 「第4回 電子デバイスフォーラム京都」特設サイト

2017.7.7「第4回 電子デバイスフォーラム京都」予告概要ご案内