実施報告>>  (NEDIA通信No.21記事)3DDFsiteheader2

DDF2016tokusetsu-siteLICDDF2016entry-site

 

 

 

「第3回電子デバイスフォーラム京都」開催のご案内

 「電子デバイスフォーラム京都」は2014年10月30日、31日にNEDIAとして初めて京都で開催し、第2回も2015年11月11日、12日に開催しました。
 第2回も第1回を上回るたくさんの方に参加いただき大変盛り上がり、アンケートでも再び参加したいという声を多数いただき、2016年度も「第3回電子デバイスフォーラム京都」を開催させていただくことになりました。
 第2回を上回る魅力的なプログラムを準備し、皆様方のご参加を心よりお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

なお、詳細及びお申込みは、上記ボタン申込特設サイト: http://www.nedia.or.jp/ddf2016/ )

及び参加申込み:https://www.nedia.or.jp/ddf2016_entry/)をご覧ください。

「第3回電子デバイスフォーラム京都」の概略案内(PDF)>>

開催概要

開催日時

日時:2016年11月1日(火)10:00~11月2日(水)17:00

■場所:京都リサーチパーク (KRP)

東地区1号館: 〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134

西地区4号館: 〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93

*アクセス http://www.krp.co.jp/access/

会場:東地区1号館4階:サイエンスホール、DDF2016_KRP-kaijou-guidemapLIC

  AV会議室、中会議室、小会議室、ホワイエ

KLSTIC 2階:イノベーションルーム、

KLSTIC 1階:アトリウム

西地区4号館B1F:バズホール

プログラム(テーマ名等は今後変更の可能性があります) [2016.10.9時点]

DDF2016program-listLIC

「挨拶・基調講演」(11月1日午前)

ご挨拶:京都府・京都市

基調講演:  基調講演の内容紹介2016.9.27(PDF)>>

「IoT機器を支える超小型電子部品」

岩坪 浩氏(株式会社 村田製作所 取締役常務執行役員 技術・事業開発本部 本部長)

「IoT革命がもたらす電子デバイスの新世界~メモリー半導体とセンサーが急上昇~」

泉谷 渉氏 (株式会社 産業タイムズ社 代表取締役社長)

「New Era of Electrification and Vehicle Intelligence」

久村 春芳氏 (日産自動車株式会社 フェロー)

「次世代自動車」(11月1日午後、2日午前、午後)

「ここまで来たADAS/自動運転」、

「次世代電動車を導く先端パワー半導体」

「自動車が牽引する次世代実装技術」

「電子部品から見た最新IoT/M2M機器」(11月1日午後、2日午前、午後)

「IoT/M2M機器とそれを支える電子部品」、

「センシング技術」、

「新たな可能性を拓く先端デバイス」

「次世代成長アプリとそれに搭載される電子デバイス」(11月1日午後、2日午前、午後

「メディカル・ヘルスケア」、

「ヒトに役立つロボティクス」、

「マーケティング」

・「マーケティング」は、泉谷渉(NEDIA理事・副会長、㈱産業タイムズ社代表取締役社長)の司会によるエレクトロニクス産業・半導体産業・電子部品業界・液晶業界を網羅したパネルディスカッション形式で行います。

「特別セッション①」

①「大学セッション(無料)」ナノテクノロジープラットフォーム~最新解析技術と活用事例~

「今さら聞けない半導体基礎講座①」、

「今さら聞けない半導体基礎講座②」

「特別セッション②」スマホ・ウェアラブル機器に最適な先端超小型電子部品の現状

「超小型部品を支える最新材料・装置」、

「超小型モジュール・電子部品」、

「超小型電子部品の最新実装技術」

 

【展示会及びポスター展示】 (11月1日13:00-17:00、11月2日10:00-17:00

ホワイエでの展示会を17ブースで行います。

また小会議室でも小規模のポスター展示会を予定しています。(無料でご覧いただけます)DDF2016tenji-entry_guideLICDDF2016tenji-kaisha&daigakuLIC

[2016.9.27時点]

 

DDF3icon-postarguide-page

DDF3icon-postarguidePDF

 

 

 

 

【レセプション】 (11月1日17:20-18:50: レセプション参加費:3,000円)

アトリウム(有料セッション参加者は無料)、フォーラムの参加者及び展示会出展の登録者は無料で参加いただけます。
レセプションのみ参加希望の場合は、直接事務局にご連絡ください。

NEDIA電子デバイスフォーラム:レセプション会場風景とポスター展示例

NEDIA電子デバイスフォーラム:レセプション会場風景とポスター展示例

 

【参加費】(単位:円) ※( )内の金額は早割価格(9月30日まで)

表1 電子デバイスフォーラム京都参加費(単位:円)

※( )内の金額は早割価格(時期は申込開始時にご案内)

一般

NEDIA会員

大学教職員

学生
1セッション 15,000(13,000 12,000(10,000) 2,000(2,000)

1Dayパス

(2セッション)

23,000(20,000) 17,000(15,000) 2,000(2,000)

1Dayパス

(4セッション)

40,000(35,000) 28,000(25,000) 4,000(4,000)

 

申込先 参加のお申し込みは、

申込特設サイト:https://www.nedia.or.jp/ddf2016_entry/  からお願いします。

特設サイトは、本NEDIA-HPのTopページ:http://www.nedia.or.jp から入ることもできます。

※京都の11月は観光シーズンですので、宿泊の手配は、お早目にご準備いただくことをお勧めします。

【開催者】

口主催: 一般社団法人日本電子デバイス産業協会  (NEDIA )
口特別協力:電了デバイス産業新聞 (株式会社 産業タイムズ社)
口後援:経済産業省近畿経済産業局、京都府 、京部 市、

SEMIジャパン

 口協賛: IEEE 関西支部(予定)、京都地域スーパークラスタープログラム(予定)

 

組織委員会】 第3回電子デバイスフォーラム京都委員会構成(20160927)>> (PDF)

委員長:齋藤昇三(NEDIA代表理事・会長)
副委員長:澤村 輸 (ローム(株)代表取締役社長)
副委員長:須原忠浩((株)SCREENセミコンダクターソリューションズ代表取締役社長執行役員)
副委員長:堀場 厚 ((株)堀場製作所代表取締役会長兼社長)

副委員長:村田恒夫 ((株)村田製作所代表取締役社長)

【連絡先】

一般社団法人日本電子デバイス産業協会 事務局

TEL:03 -5823-4465、FAX:03 -5823-4475
E-mail :ddf.info@nedia.or.jp  ( 第 3回電子フォーラム京都専用のメールアドレス )

 

参加申し込みはこちらへ

 第3回電子デバイスフォーラム京都 参加申込みフォーム

 

[関連記事]

第3回 電子デバイスフォーラム京都(予告)

NEDIA「第3回電子デバイスフォーラム京都」展示のご案内

第3回電子デバイスフォーラム京都 申込特設サイト

「第3回電子デバイスフォーラム京都」ポスター展示のご案内