「第5回 電子デバイスフォーラム 京都」の予告概要ご案内

~一大飛躍で電子デバイス200兆円市場が見えてきた!!~

参加募集案内は(8月1日開設)ですが,2018年度「京都フォーラムの概要」を紹介します。

PDF版「第5回 電子デバイスフォーラム京都」概要>>

■「第5回電子デバイスフォーラム京都」概要ご案内

日時:2018年10月31日(水)10:00~11月1日(木)18:00
場所:京都リサーチパーク(KRP)東地区1号館、西地区4号館
主催:一般社団法人日本電子デバイス産業協会(NEDIA)
特別協力:電子デバイス産業新聞(株式会社産業タイムズ社)
後援(予定):近畿経済産業局、京都府、京都市、SEMIジャパン
協賛(予定):IEEE関西支部、公益財団法人京都高度技術研究所

推進体制概要

 

プログラムアウトライン

(会場等の安全及び衛生管理上適切な措置を講じています)

【プログラム】(テーマ名等は今後変更の可能性があります)
[ウエルカム]
:10月31日(水)9:30-10:00 バンケットホール
[挨拶・基調講演]:10月31日(水)10:00-12:30 バズホール

ご挨拶:西脇京都府知事(予定)、門川京都市長(予定)
基調講演:京都でご活躍の企業、半導体で元気のある企業

及び半導体応用で著名な企業の講師

・岩田和之(㈱本田技研研究所 執行役員)(予定)
・成毛康雄(東芝メモリ㈱代表取締役社長)
・須原忠浩(㈱SCREENセミコンダクターソリューションズ

 代表取締役社長執行役員)

[マーケティングセッション]:11月1日(木)9:30-11:55 サイエンスホール

注目分野の著名なアナリストによる最新動向の説明

・泉谷渉(㈱産業タイムズ社)  ・南川明(IHS グローバル㈱) ・中根康夫(みずほ証券㈱)

[Aコース:次世代自動車]インテリジェント、キーデマイス、パワーデバイスの最新動向
[Bコース:AI・ロボテックス]:応用技術、デバイス技術、AIの可能性と限界
[Cコース:メモリー爆裂の時]:材料・装置、デバイス応用

①②(フラッシュメモリ、SSD技術、データセンター等の動向)

Dコース:特別セッション①(産学連携&パッケージ]大学セッション及びパッケージングの最新動向
「Eコース:特別セッション②(次世代ディスプレイ&中国・韓国)]

次世代ディスプレイ、中国、韓国の動向)

【レセプション】:10月31日(水)17:00-18:30にアトリウムで開催します。

フォーラム有料参加者及び展示会出展の登録者は無料で参加いただけます。

(アトラクションとして舞妓の舞を行う予定です)

レセプションのみのご参加の場合は事務局に連絡をお願いします。(参加費:5,000円)

【展示会】:ホワイエ及び中会議室Aで25ブース程度の展示会を開催します。

(無料でご覧いただけます)

展示会への出展のご案内は、別途行なわせていただきます。

【参加費】

・( )内は早割価格で、9月30日までの申込に適用します。
1セッションンは、2日間のうちのいずれか1セッションの聴講ができます。
1Dayパス(10月31日)は、10月31日(水)の挨拶・基調講演及びA-1~E-1セッション

(どれか1セッション)の合計2セッションが聴講できます。

1Dayパス(11月1日)は、11月1日(木)のマーケティングセッション、A-2~E-2

(どれか1セッション)及びA-3~E-3(どれか1セッション)の合計3セッションが聴講できます。

2Dayパスは、10月31日(水)の挨拶・基調講演及びA-1~E-1セッション(どれか1セッション)、

11月1日(木)のマーケティングセッション、A-2~E-2(どれか1セッション)及びA-3~E-3

(どれか1セッション)の合計5セッションが聴講できます。

[事務局](ご質問等は事務局に連絡ください)

一般社団法人日本電子デバイス産業協会事務局周藤、堀
東京都千代田区神田佐久間町2-13竹内ビル202
TEL:03-5823-4465  FAX:03-5823-4475
E-mail:ddf.info@nedia.or.jp

(第5回電子デバイスフォーラム京都専用のメールアドレスです)

[申込先]

参加の申込は、特設サイトからお願いいたします。特設サイトは、8月1日から開設中です。

 特設サイト:URL>>、  特設申込サイト:URL>> 

   特設サイトは、NEDIA HP:http://www.nedia.or.jp Topページ上段案内画面からも

入ることができます。