一般社団法人日本電子デバイス産業協会

 

「株式会社ネイタス」設立のお知らせ

世界初の小ロットに特化した半導体ファウンダリー会社を立ち上げ!!

 

  一般社団法人日本電子デバイス産業協会(代表理事・会長:齋藤昇三/以下、NEDIA)は、世界初の小ロットに特化した半導体ファウンダリーである株式会社ネイタス(NEITAS:NEDIA Innovative Tailored Solutions/以下ネイタス)を2016年1月4日に設立します。

 NEDIA会員、エレクトロニクス関連企業及び大学・研究所のニーズに応え少数のデバイスを短期間に供給していくために、世界で初となる半導体を1個から受託製造するファウンダリー会社としてネイタスを設立することにしました。設立後6ヶ月間は準備会社として運営し、その後本格的に拡大していく予定です。

1個からの受託生産で、受託後5日以内にデバイスを完成させることを事業コンセプトとし、最低限のコストで世界にひとつだけのお客様の製品を完成させ、またお客様の製品の市場投入リードタイムを大幅に短縮し、その結果、会員およびエレクトロニクス業界の業績拡大に寄与し、日本の半導体・電子デバイス産業復活の起爆剤になることを目指していきます。

 

1.ネイタス設立の背景

半導体を始めとした電子デバイスは、パソコン、テレビ、スマートフォン等のIT機器を最大の出口として成長して来た後、ここ数年においてはスマートフォンを除き停滞して来ておりますが、新しい成長分野としてCPS (Cyber-Physical System)/ IoT (Internet of Things) の具体化が近づいております。

 それを実現させる電子デバイスは一大飛躍の時期を迎えています。

 こういった状況の中で、メモリ、MPUなどの大量生産型の製品は必要ではありますが、ロボット、医療用途のデバイス、特殊なセンサー、エッジのコントロール回路等ではそれぞれの用途に対応して多品種少量のデバイスへのニーズが増大してきています。

NEDIAの新事業創生委員会(委員長:佐藤和樹 理事・副会長)では、NEDIAの新事業を創生すべく1年半にわたり、多くのユーザー企業、大学、デバイスメーカーを対象としてマーケティング活動を行ってきましたが、上記の多品種少量生産に対するニーズが非常に強いので、何らかの対応をするべきとの結論に達しました。国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)では、0.5インチ のウェーハを使用して小型の装置でウェーハ1枚ずつ生産するミニマルファブの研究が推進されており、それを一部活用させていただきハイブリットライン方式で実現するということにしました。

 NEDIAの会員は、材料、装置、半導体製造・設計 、ユーザーを含んだ幅広い分野にわたっており、ラインの運営及び製品を使うところまでカバーできるため、NEDIAはこういったファウンダリーを構築・運営していくのに最も適していると考えております。

 

2、ネイタスの概要

ネイタスの概要は以下です。

①商号:株式会社ネイタス

②本店:東京都千代田区神田佐久間町2-13竹内ビル202

③資本金:200万円

④設立日:2016年1月4日

⑤役員:代表取締役社長 吉田 政孝(よしだ まさたか)

        取締役会長     齋藤 昇三(さいとう しょうぞう)

⑥売上高目標:2020年度 100億円

⑦構成員数:設立時 役員を含め4名

⑧設立方式:発起人設立

 [問い合わせ先]

 一般社団法人日本電子デバイス産業協会

 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町2-13竹内ビル202

 事務局 担当:周藤(すとう)

 電話:03-5823-4465  FAX:03-5823-4475

 E-mail:info@nedia.or.jp URL:http://www.nedia.or.jp

 

12月16日(水)~18日(金)に東京ビッグサイトで開催される「SEMICON Japan2015」にNEDIAおよび株式会社ネイタスのコンセプトを出展致しますので、お立ち寄りください。

特別展WORLD OF IOT 東3ホール ブース番号:3804       NEDIA関係展示

製造イノベーションパビリオン 東1ホール ブース番号:1320    NEITAS関係展示

以上